Polymeric stent having modified molecular structures in both hoops and selected segments of flexible connectors

フープと可撓性コネクターの選択された部分との両方の中に修飾された分子構造を有するポリマーステント

Abstract

【課題】管腔内ステントを製造するための材料および関連方法であって、工学技術によってデバイスを特定の用途に設計する機会をデバイスの設計者に提供する該材料および該方法を開発すること。 【解決手段】生体適合性材料は、管腔内ステントを包含する非常に多くの種類の植え込み可能な医療デバイスに設計することができる。ポリマー材料を利用して、ステントを包含するこれらのデバイスのあらゆるものを作ることができる。ステントは、バルーン拡張性または自己拡張性となり得る。ポリマーの選択的機械的変形を行うことによって、ポリマー鎖を配向させて、幾つか所望の性能特性を得ることができる。 【選択図】 図1
<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To develop materials and the associated processes for manufacturing intraluminal stents that provide device designers with the opportunity to engineer the device to specific applications. <P>SOLUTION: A biocompatible material may be configured into any number of implantable medical devices including the intraluminal stents. Polymeric materials may be utilized to fabricate any of these devices, including stents. The stents may be balloon expandable or self-expanding. By preferential mechanical deformation of the polymer, polymer chains may be oriented to achieve certain desirable performance characteristics. <P>COPYRIGHT: (C)2007,JPO&INPIT

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (3)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    EP-2006122-A1December 24, 2008Sumitomo Rubber Industries, Ltd.Rubber composition, clinch, and tire
    JP-2009125219-AJune 11, 2009Japan Stent Technology Co Ltd, Okayama Prefecture, 岡山県, 株式会社日本ステントテクノロジーStent
    JP-4654361-B2March 16, 2011岡山県, 株式会社日本ステントテクノロジーステント